トライク車両ドライブトレインアップグレード作業

だんだんと陽が長くなってきまして春はもうすぐそこな感じが!皆さん準備は良いですか?

さてさて今回はトライクの作業です。以前別依頼の作業中に気づいたのですが、

クラッチからこんがりいい匂いがしており!?かなりの焼け気味。

オーナーさんに伺ったところ以前も一度クラッチが滑りレッカーのお世話になったことがあるとの事。

後付のトライクキットが組まれておりましたがクラッチはノーマル、、。これではバランスが取れません。

坂道半クラ発進なんて何回もしたら、、、。想像にお任せいたします。

後ろが2輪となり駆動抵抗はかなりの増えますからね。

よって今回はスクリーミンの強化スプリング、バーネット製のエキストラプレーとクラッチキット

(ノーマルクラッチよりも1枚多くなり容量アップ)とVPクラッチ(ハイパワータイプ)で組み付け。

でOKかなと思いきや、コンペンセータースプロケットが変な動き、、。

コンペンセータースプリングが見事にボトムアウトしておりました。

ここもやはり後ろの駆動抵抗増えたことが原因でしょう。

こちらもスクリーミンから現行と同じ仕様の強化タイプのコンペンセーターが出ております。

ロッカーなどのワイドタイヤモデルには以前から標準装備でしたが、

現在はビックツインすべてのモデルで標準装備。

反則でーす(笑)

結果としてドライブトレイン周りオールグレードアップになってしまいました。

修理作業もダメな箇所だけではなく、トータルでチェックが必要ですよというお話でした。

オーナー様お待たせしました。

ハーレー トライク 修理 プライズバイクサロン 浜松