ハンドル操作に違和感感じていませんか?

皆様いつもカスタム等のご依頼ありがとうございます!

ハンドルが最近「カクカク」するとか、

左右に切るときに引っかかる感じがあるなとか、

そういったことを思っている方いませんか?

その症状、ステムベアリングの状態のせいかもしれません。

今回はハンドル操作に違和感があるということで

メンテナンスのご依頼をいただき、

ベアリング交換作業をしたので紹介します!

prizebikesalon メンテナンス
ハーレー メンテ

まずはタイヤ、フォークなどを外して

ステムシャフトを引き抜き、上下のステムを外しました。

次にレース、ベアリングを取って確認してみると

浜松 ベアリング

こんな感じになってました。

錆びや汚れがだいぶありますね

ステムベアリングは凄くデリケートな部品なので

潤滑不良やちょっとした異物が混入しただけでも操作に違和感が出て

トラブルになってしまいます。

洗浄してグリスアップをして再使用する場合もありますが、

交換するのが一番確実で安心な方法だと思います。

ヘッドパイプ 清掃
ステムシャフト 清掃

外し終わったら、ステムシャフトやヘッドパイプを洗浄して

レース 整備

新しいレースを入れて、ベアリングにしっかりとグリスを塗りこみ取り付けていき、

ステムロックナット 調整

ステムなどの部品を組み付けて元に戻したら

ここからステムロックナットの締め付けの調整です!

緩すぎると走行中にがたついてしまうし、

固すぎても曲がる操作が難しくなってしまうので、

しっかりとサービスマニュアルの規定値通りで調整しました!

プライズバイクサロン ハーレーメンテ

調整が終わったらすべて元に戻して完了!

ステムベアリングは小さい部品ですが、

命に関わるとても大事な部品です。

当店では、カスタムだけでなくメンテナンスも承っていますので、

少しでも違和感を感じたら、

必ずそのままにせず、お問い合わせください!

それでは今回はこのへんで