キャリパーブラケット製作から右側のこだわり部分!

ラジアルキャリパー ブラケット キャリパーブラケット ラジアル

PMのラジアルマウントブラケットを見えるように下側にマウントしております。

 

 

当然キャリパーブラケットはワンオフ制作となりました!

 

 

よくあるアンカーロッドがあるタイプではなく、純正と同じようなマウント回転防止マウント方法をとっておりますので、

 

 

余分なものがなくかなりすっきり取り付けられいますよね!

 

 

こちらの車両は既にTRACのスイングアームに交換されてますので、純正スイングアームと、

 

回転防止タブの形状が違っておりましたが、(写真は純正スイングアーム)

 

 

違っていたことが製作的には吉とでまして、

 

 

作りやすい形状でした。

 

 

純正は折り返しのある形状なので、スライドできないといったところが難点です。

リアキャリパー交換と同時にリアマスターシリンダーもパフォーマンスマシン製に交換してあります。

ハーレー 浜松 カスタム 彫金 エングレ DD7 7速 ミッション

と同時に、ブレーキラインも製作し直しております。

 

 

 

純正のリアブレーキラインの取り回しはなぜかパッセンジャーペグの上を迂回していて、

なぜ、こんな取り回しにしているのか、ごちゃごちゃしてますよね。これはいけません。

比べれば一目瞭然!外したパッセンジャーペグのフレーム穴には製作したアルミプレートで蓋をして、

 

 

センタールーツさんに彫金してもらってます。隙は無いですよ!

次はサイドカバー。形が違うのがお判りでしょうか?

そう、FXR風に三角形に製作しております!

FLHX カスタム ハーレー ストリートグライド ラジアル キャリパー ブラケット

そのおかげで、スイングアーム、キャリパーがよく見えますよね!

 

 

このサイドカバー形状個人的にはドストライクなんですがいかがでしょう?

 

 

ただ、一つ難点が、サドルバックガードのマウント部分が丸見えとなってしまうところです。

なので、今回はマウント方法を変えてみました!!

 

 

フラッシュマウントってやつですね!!どうですか?こだわってますよね(^_^)/

 

 

FLHXマニアですから!

紹介どころが多すぎで困ります。

 

 

本日はこのあたりで!!