2008年ウルトラのインジェクションチューニング

 

インジェクションチューニング 浜松

インジェクションチューニングのご紹介です。

 

今回の車両は2008年式ウルトラクラシックで、エンジンはストックのTC96。

 

エアクリーナーはS&Sステルスシリーズ、エキパイはバンス&ハインズのドレッサーデュアル。

 

サイレンサーはバンス&ハインズのモンスターオーバル。

 

MAX POWER 74.82

MAX TORQUE 12.15

 

チューナーはもちろんBull’s eyeさんになります。いつもありがとうございます。

 

今回の車両の2008年以前のツーリングモデルに純正採用されるエキパイですが、

 

このリア側のエキパイの形状(2つの枝分かれ形状)のせいで、

 

リア側のみ正確なAFRの測定ができません。

 

よってこの辺の年式のツーリングモデルでのインジェクションチューニングは、

 

 

エキパイ交換が必須となります。

 

今回はバックギア装着車でもありましたので、ドレッサーデュアルしか選択肢がありませんでした。

 

ただ、トルクカーブを見てもきれいに立ち上がっておりますし、さすがですね!

 

スロットル開度が少ないほど、前後のAFRが大幅にずれてきていましたが、きっちり調整されてます。

 

これで、どの回転域からもしっかりと車両を押し出してくれますね!

 

オーナー様お待たせいたしました<m(__)m>

 

リア側のエキパイが左に行ったおかげで、クリアキンのエンジンカバーどっさり取り付け

 

できますね!!オーダーお待ちしております(^_^)/