2013年 FLSTF ファットボーイ インジェクションチューニング!

どうも

ハーレー初心者従業員の川井です!

今回はファットボーイのインジェクションチューニングをBull’s eye(ブルズアイ)さんにしてもらったので紹介したいと思います!

ハーレー カスタム 浜松 インジェクションチューニング FLSTF ファットボーイ マフラー交換 THUNDERHEADER サンダーヘッダー
ハーレー カスタム 浜松 インジェクションチューニング FLSTF ファットボーイ マフラー交換 THUNDERHEADER サンダーヘッダー
ハーレー カスタム 浜松 インジェクションチューニング FLSTF ファットボーイ マフラー交換 THUNDERHEADER サンダーヘッダー
ハーレー カスタム 浜松 インジェクションチューニング FLSTF ファットボーイ マフラー交換 THUNDERHEADER サンダーヘッダー

インジェクションチューニングはマフラーやエアクリーナーの交換やエンジンのカスタムなどをして、エンジンの仕様が変わったときには必ず必要になります!

今回のファットボーイは

ハーレー カスタム 浜松 インジェクションチューニング FLSTF ファットボーイ マフラー交換 THUNDERHEADER サンダーヘッダー
ハーレー カスタム 浜松 インジェクションチューニング FLSTF ファットボーイ マフラー交換 THUNDERHEADER サンダーヘッダー

エアクリーナーはS&S(エス&エス)エアクリーナーセット マットブラック

ハーレー カスタム 浜松 インジェクションチューニング FLSTF ファットボーイ マフラー交換 THUNDERHEADER サンダーヘッダー
ハーレー カスタム 浜松 インジェクションチューニング FLSTF ファットボーイ マフラー交換 THUNDERHEADER サンダーヘッダー

マフラーはTHUNDER HEADER(サンダーヘッダー)フルエキゾーストマフラー ブラック

エンジンはノーマルです

prize bike salonではインジェクションチューニングは全てBull’s eye(ブルズアイ)さんにお願いしています

今回はスーパーチューナーというディバイスでチューニングしました

それではチューニングの結果を見ていきましょう

ハーレー カスタム 浜松 インジェクションチューニング FLSTF ファットボーイ マフラー交換 THUNDERHEADER サンダーヘッダー

スロットル全開時の数値です

赤い線がチューニング前、青い線がチューニング後です

トルクが11.84→13.11        馬力が72.85→82.01

10馬力もアップしています!

ハーレー カスタム 浜松 インジェクションチューニング FLSTF ファットボーイ マフラー交換 THUNDERHEADER サンダーヘッダー

2段目が前シリンダー、3段目が後シリンダーの空燃比の数値になります

赤い目盛りが基準です

波が高いところは燃料が薄く、逆に低いところが濃いです

これを基準に合わせて波がないようにすると、アクセルが素直になって走りやすくなり、オーバーヒートなどもしにくくなります

アクセル全開時はチューニング前からあまり波がないですね

ハーレー カスタム 浜松 インジェクションチューニング FLSTF ファットボーイ マフラー交換 THUNDERHEADER サンダーヘッダー

これはスロットルを半分くらい開けた時の数値です

回転数が2300rpmを超えたあたりで燃料が薄くなっているのがわかると思います

ですがそれもチューニングでしっかりと適正な数値になっています

ハーレー カスタム 浜松 インジェクションチューニング FLSTF ファットボーイ マフラー交換 THUNDERHEADER サンダーヘッダー

これはアイドリング時の数値です

波はないですが基準から大きくズレています

これだと燃料が薄いので、エンジンの温度が上がりやすく

オーバーヒートしやすくなってしまいます

ですがこれもしっかりと測定して基準値に修正しています!

アクセルオフ時のアフターファイアーも出ないようにしています

今回は3つ抜粋して紹介しましたが

スロットルポジション1~100%まですべて測定して

燃料の量、火を飛ばすタイミングを調節しています!

馬力も10馬力アップしているので以前よりスピードも出て、快適に走行できると思います!

皆さんもいかがでしょうか!

それでは今回はこのへんで